<公開終了まで>

メールアドレス (必須)
名前 (必須)

 

 

 

 

インタビューの書きおこし(ダイジェスト)はこちら

 

常に投資の第一線で活躍されてきた浜本氏が行き着いた答えとは?

Q:野村證券、メリルリンチ、投資顧問会社でのファンドマネージャーなど、常に投資の第一線で活躍されてきた浜本さんですが、『投資家の理想のゴールへと導く』ということをテーマとして投資を教えているのにはどんな理由や経緯があるのでしょうか?
   
私は元々中学生の頃からお金に興味を持ち、大学も仕事も金融に関わるものを選択させていただいたのですが、幸いにして投資の第一線、最前線で投資を突き詰めるという経験ができました。

 

二人の師匠の存在、全国のトップトレーダー達との繋がりの中で、如何にして安定的な利益を出し続けられるのか、その知識、手法、マーケットの表や裏、金融のメカニズム、メンタルの保ち方など、投資の本質的な理解することができました。


そのような経験をさせていただいた私が危惧するのは日本の投資教育のレベルの低さです。


投資をする多くの人たちが「お金持ちになりたい」「金銭的な自由を手に入れたい」「将来を不安なく過ごしたい」と思って参入されていると思いますが、ほとんどの人がその目標を達成出来ないまま挫折しているのが現状だと思います。


その理由は簡単なことです。


そもそも投資や金融の本質を理解できていないがために、様々な情報に惑わされて、何が正しく、何が間違いなのかの判断もつかずに当てずっぽうで投資の世界に足を踏み入れる方がほとんどだからです。それは投資ではなくギャンブルに近いですよね。期待している成果を出せなくて当然です。


無知のまま投資を実践することは、無免許で運転経験もない人が初めて行く土地で運転しているようなものですから、事故の確率が高いに決まっていますよね。


これからは個人で資産形成、資産運用をしなければいけない時代です。

そうでなければ今後の社会情勢の中でお金に不安なく生きていくことはできません。


そのためにも投資の本質を伝えていくことが必要だと思っています。

となれば、そもそも投資の教育レベルが低い日本では、一からどのように資産を増やしていき、それを長期に渡って安定的に運用していく総合的な知識をお伝えしなければいけないと思っています。


つまり、投資家の理想のゴールをお伝えし、そこまで導いていかなければいけないのです。


投資の最適な目標設定・目標設定するための最適な選択肢・その選択肢の最適な手順・手順を実行する最適な手法をしっかりとした理屈と根拠をもとに示していくことが私の使命だと思っています。

 

 

 

 

投資家の理想のゴールとは一体何か?

Q:日本では投資や金融の教育が整備できていないと聞きますが、浜本さんは投資家の理想のゴールを示しながらそのような環境整備を行っていくことを活動としていますよね。具体的に投資家の理想のゴールとはどのようなものを指すのでしょうか?
   
投資家の理想のゴールとは、簡単に言えば「お金のために働かなくても豊かに生活できるようになることです。つまり、「お金が減らなくなる水準までの資産形成とその方法を体得すること」がすべての投資家のゴールになります。


いわゆるお金持ちになるためにはどうしなければいけないか?ということですね。

お金持ちになるために、如何にして保有資産を作り出し、それを拡大させ、最終的に長期で安定的に運用していけるか?というステップを辿らなければいけません。


私が考えるお金持ちというのは、「お金のために仕事をしなくても、自らの資産が減らない人」です。そのためには、一般的には5億〜7億円の金融資産が必要と言われています。これだけの資産があればリスクを取らずに運用でき、この資産から増やされる資産によって不自由なく生活していくことができます。金融資産で5〜7億円を達成した時にリスクを抑えた長期安定運用で年間1000万円以上の収入を得られるようになりますので、本当の意味で「お金持ちの仲間入りをした」と言えるでしょう。


しかしお金を手にしただけで、その運用方法を知らなければお金はすぐに無くなってしまいます。 日本の現状は、多くの人がお金を創る方法すら知りません。資産家になっていないのに、資産家の方々の同じような運用を勉強している人もいます。それでは、いつまでたってもお金持ちに追いつくことなど出来ないのです。


一時の資産を保有すればいいのではなく、やはり最適な選択肢や手順や手段を知り、自分自身で資産形成できるようにならなければ真の投資運用の成功とは言えません。まずは、自分自身で資金を生み出せること、そして自分自身で資金を増やせること、そしてそれが継続的に収益を上げるように運用管理できること。これが大事なのです。


結果として、”5億〜7億円の金融資産を保有して、資産運用の方法を理解した上で、その資産運用で生活をしていけるようになること”こそがすべての投資家の理想のゴールとなります。


そして、その理想のゴールを実現するために『投資の最適な選択肢を知り、最適な手順を理解し、最適な手段を用いて、最適な手法を体得する』ことがすべての投資家が達成しなければいけない目標となるのです。

 

 

浜本氏が提唱する投資家の理想のゴールへのロードマップ

自分自身の保有資産と照らし合わせて最適な選択肢を選ぶことが必要。その指標となるのが@Money Generator(お金を生む)・ALeverage Diversify(利益を拡大する)・BPortfolio Management(資産管理)の3段階。※詳細はインタビュー動画にて解説。

 

 

 

まずはFX。それが投資成功への第一歩になります。

投資家の理想のゴールへのロードマップにもありますが、まず多くの方はFXから取り組むことが理想的であると言えます。そのことで資金を効率的に生み出しながら次第に増加させていくことが可能となり、同時に投資や金融知識のおおよその部分を理解することが出来ます。

 

効率的な資産形成と知識レベルの向上の2つの意味でも、まずはFXから学ぶことからスタートしていきましょう。


現在世界中で投資理論として広く言われているのが、「債券や投資信託など各種ファンド、現物株などを分散投資することでリスクをコントロールしながら長期的に安定的に資産運用をしていきましょう。」という考え方になります。証券会社や銀行などで投資信託等を勧められるのはこの考え方が基になっているのですが、これは富裕層のための投資手法であると言えます。


なぜなら、これから資産を形成しなければいけない人がこの手段を取り入れたとしても、資金が増えるスピードは緩やかになってしまうためです。もし保有資産が数億円あるのであれば増える額面自体が大きくなるのでこの段階には当てはまるのですが、資産が少ない方はまず資産を作っていく段階をクリアしなければいけないため当てはまりません。


なので最もレバレッジ効率の高いFXからスタートし、そこで作った保有資産を他の投資商品で利益拡大させて、最終段階で長期的で安定的な運用することを目標にするのが最適な考え方と言えます。


数億円という十分な資産を保有している方でない限り、まずはFXから効率的に資産を作っていくことが必要。そして投資の基本的な知識を身につけるといった意味でもFXからはじめるということが必要なのです。

 

 

 

第一線で活躍するトレーダーは必ずシンプルな方法で勝ち続けている。

Q:浜本さんの教える内容は「簡単」「30分で覚えられる」「楽しい」などの声が多く寄せられていますよね。ノウハウ自体も誰もができるものという評判ですが、何か意識していることがあるのでしょうか?
   
トップクラスで活躍しているトレーダーやファンドマネージャーと話す機会も多かったのですが、その中でわかったことは「勝ち続けている人って簡単なことしかしていない」ということなんです。


投資を高いパフォーマンスを継続させるためには、”楽ちん”でなければいけません。そうでなければそもそも継続させることができませんし、メンタルが重要な投資において心理的な負担が少ないものでなければ成果を維持させること自体が難しいのです。


私が教える内容が皆さんに簡単だと言っていただけるのは、ノウハウ部分を、極力までシンプルにそぎ落としたからです。


証券会社時代から一流のトレーダー、ディーラー、ファンドマネージャーの方々にお会いさせていただく機会も多かったのですが、勝ち続けている人というのは何も人と違う独自のノウハウを持っているわけではありませんでした。


一般的な誰でも知っている簡単なノウハウを人より使うのが上手だっただけなのです。


投資は心理的なプレッシャーがかかるものですから、ノウハウが難しかったらそもそもできません。ですから、ノウハウというのは、究極までシンプルにした方が良いのです。しかも、有効性の高さを保ったままであることが重要です。


難しいけどたまたまうまくいく方法や、一発ドカンを求めるようなテクニックなんて必要ないんです。それではギャンブルと変わりません。


有効性の高いシンプルな手法にこだわるからこそ、心理的プレッシャーがかかった状態の中でも勝ち続けていますし、だからこそ大きい金額でも運用できるんですよね。私自身も、チーム運用で5000億円ほどで、私の担当セクター合計で約2,000億円運用していたことがありますが、その当時から今やっていることとさして変わりはありません。その方法を誰でもできるように簡単に感じてもらえるようにお伝えしています。

 

 

 

 

月利数百%も全然難しいことではないんです。

Q:浜本さんご自身の実績では月利300%をずっと達成していると。20%以上を維持し続けるだけでも驚かれる中で、その10倍以上の数字を維持しているのは本当にすごいことですよね。信じられないという声も多くはありませんか?
   
月利数百%を信じられないとおっしゃっている人は、投資に関して間違った常識に支配されているのです。


リターンを上げるには、「レバレッジをうまく使うこと」です。 一般的にはレバレッジ投資は危険だと思われていますが、それが間違えた常識なのです。


レバレッジはその名の通り「テコ」を効かせることなので、資金を効率的に増やすことが出来るのです。 ただし、レバレッジ投資には大事な決まり事があります。


それは短期の投資に特化することです。


多くの人は、レバレッジを効かせたままほったらかすから大きく損失をしてしまうのです。短時間の投資に用いることで、増やすときは大きく、損失は小さく限定出来る。ですから、月利数百%という数字はレバレッジ投資では当たり前です。


一般的な投資商品の中で最もレバレッジを効かせられるもの。

それがFXなのです。


ですから、お金を増やしたいと思っている人で、FXは怖いとか危ないとか言ってやらない方がいらっしゃいますが、それは間違った常識に支配されて、せっかくの力強い武器を手にしないということになるのです。


確かに「信じられない」という声をいただくこともありますが、私自身も月利300%という数字を維持していますし、受講生の方では月利480%という例もあります。


間違った常識から抜けることができれば、月利数百%という数字も難しいことではないのです。

 

 

 

『事実を見てからトレードする』・・・?

月利300%を達成し続けられるトレード手法とは?


Q:核心に触れていきたいのですが、具体的に月利300%を達成するトレード手法とは一体どういうものなのでしょうか?書籍にもある「事実を見てからトレードする」というものを教えていただけますか?
   
重要な特徴としては、まずトレンドフォローが大原則です。明確なトレンドを見つけたら、それについていく。上トレンドなら買い狙い、下トレンドなら売りサインしか探さない。ということに徹することですね。そして、予想をしないということ。テクニカル指標を見て客観的に誰が見ても売買サインというところでエントリーすることも特徴です。さらに、時間軸を複数見て今のマーケットを多面的に見ることによってマーケット状況を的確に捉えて勝率を上げる。これが事実を見てからトレードするということの特徴になります。


この方法で月利数百%という数字も達成できる理由があります。


世界の投資家はチャートの原理原則を知っています。大切なことはその原理原則が通用するのがFXということです。だから、特殊なことをする必要が全くない。


株式投資に比べて銘柄数が極端に少ないので、多くの人が同じチャートを見ています。そしてみんなが同じテクニカル指標を知っているので、「上に上がる」というサインを見つけたら、多くの人が「上がる」と思うので実際に買ってくる人がたくさん出てくる。それによって、多くの人が考えているようにトレンドが生まれるのです。


多くの参加者が考えている通りの動きを、同じ判断のした人たちがフォローしてくるので、実際に想定したとおりにマーケットが動きます。


私たちは、世界中の人たちが「上がる」「下がる」と思うきっかけをチャートで見つけて、そのサインが確定した瞬間に売買アクションを取るだけで良いのです。


逆張りは「行き過ぎたマーケットは必ず戻る」という不確かな常識に則った考え方ですが、メンタル負担がとても大きく初心者には向いていない。


トレンドフォローはサーフィンに様なもので、波が来たらそれに乗っかるだけなので、とても理にかなったものと言えると思います。登りのエスカレーターを見つけたら、足を踏み出すタイミングを合わせて、ちょこんと乗っかるだけで目的の階まで上がることが出来ますよね。


トレンドフォローのはそれと全く同じ感覚です。

 

 

 

『事実を見てからトレードする。』

だから勝って当たり前で簡単。


Q:いたってシンプルな方法とは言ったものの、この方法は誰にでも実現可能な方法なのでしょうか?
   
誰にでも実践可能です。


ルールを覚えて実践するだけですから、素直に実践できるという意味では中学生の方が変な先入観なく勝つことができるかもしれませんね。それほど簡単な手法になります。


とにかくシンプルであることにこだわった方法なので、それが可能なのです。


私がファンドマネージャー時代には2,000億円という多額の資金を運用しており、当然儲けを出さなければいけませんし、損失を出してしまってはクビになってしまう厳しい環境でしたから、実際にパフォーマンスを上げるために何をしなければならないのかを必死に考えて模索しました。


そこで実は勝ち続けている人は難しいことなんてしていなかったということを思い出したのです。

ここはチャートやテクニカル分析に思いっきり忠実になってみようということになりました。


予測になればギャンブル性が生まれてしまいますが、事実を見て「流れについていく」という発想であれば、それは勝ち続けられるなと。ある意味テクニカル分析をマニアのように追求できていたのは本当に良い経験です。難しいレベルまでやってみた結果、勝ち続けるにはシンプルなことを実践するだけでいい。ということに気づけましたから。


しかも、そのシンプルな方法がすべて投資判断に納得性の高い理由がある。

投資判断に客観的な事実に基づく理由がある。


なので練習すれば誰でも再現可能ですし、精神的にも落ち込むことがなく実践ができるんですね。

受講生の皆さんにも投資を「簡単だ」とか「面白い」と感じてもらえるのはこういった理由があるからかもしれないですね。

 

 

続きはこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

浜本学泰氏のインタビュー全編をご覧になりたい方は下記より申請ください。

(期間限定の電子書籍・セミナー動画プレゼントもございます)


<公開終了まで>

メールアドレス (必須)
名前 (必須)